WEBLOG

サラヴィオ・ハニエル

ダブル ミニセミナー インフォメーション

2016年10月24日(第4月曜)

会場:京都二条 株式会社キノシタ 3F研修スタジオ

【参加費無料】

 

AM 11:00~13:00

株式会社サラヴィオ化粧品

大阪本部所長 野越 成一郎 氏

テーマ:トラブルが解消する化粧品!サラヴィオ最新情報セミナー

■M1ヘアケアローション

■RG92バンヴェール オールインワンジェル

■RG92 マルチアクティブ ローション

効果のわかる商品として秘められた「温泉の力」の理解を深める為のセミナーです。

 

PM 14:00~16:00

株式会社ハニエル

営業部教育課本部長 田中 裕司 氏

テーマ:ビッグヒット商品!エレクトロン復元ドライヤーセミナー

パナソニック、シャープ、ダイソンなど、2~4万円以上する新しいハンドドライヤー市場。 重い、うるさい、といった声があるにも関わらず、なぜこれ程までに売れるのか?

復元理論と実習ですべてがわかるセミナーです。

 

これからの真のホームケアアイテムとして育てていく今、是非ご参加ください!!

【お申し込み不要】

株式会社キノシタ

〒602-8155 京都市上京区主税町827-2

TEL.075-841-3943

FAX.075-801-3174

info@kyoto-kinoshita.jp

0 コメント

京都御盆工房

お盆工房無事終了!

 

京都のむし暑い盛りに繰りひろげられたお盆工房を、8月22日に無事に終える事が出来ました。

参加予約66名のうち、2名の欠席はあったものの、総勢64名(過去最高)が、緊張感たっぷりの7時間におよぶ講習会です。

(参加基準は全国どこかで塩路先生の受講生である事)

 

塩路先生が今回工房のテーマにしたのは、海外ヘアカタログをどれだけ正確にコピーできるか。

受講生は講師の持参した最新のフォトをエアドロップでタブレットに取り込み、制限時間の中で仕上げて行く。

なかなかこれが簡単な様で難しいのです。

4-5名に分かれたティームは協力してドライヤーをバトンタッチしながら、決められた5スタイルのテーマの中から受講生が一つを選びチャレンジします。

時間終了後、各スタイルごとに全員が審査して回るという企画。

人気投票の結果が1番2番となりますが、1票でも入るか全然入らないのでは大きく違います。

最高はダントツに24票入ったスタイルも出ました。

講師も1票いれますが、それに選ばれるかどうかも大変気になります。

 

後半は、今度は全員が同じスタイルにチャレンジします。

そのスタイルを見た瞬間にカット技法を決められない様ではダメと、講師が言います。

後半の最高投票獲得者が前半投票数と合わさって今回のファイナリストに選ばれました。

そこに選ばれると受講生の間から注目の的になります。

ファイナリストを目指してたと思われる受講生からは本当に悔しそうな空気が流れているのが分かりました。

 

地元参加の人を含め、全国各地から講習費を合わせると大きな投資をして参加された方々にも心より敬意を表します。

工房は自分の立ち位置を確認する為と言われています。

塩路先生の良きアドバイスと、受講生間のライバル精神。

そして美容師としてお客様を喜ばせ、幸せをもたらすという同じ目標を持つ仲間として、今後とも益々研鑽していただきたいと思います。

 

工房終了後は、良き仲間達とのこれ以上無いと思われる最高の盛り上がりの懇親会が、スペインレストラン貸し切りで4時間に渡り59名の参加で行われました。(これも過去最高)

今回初めての参加の方から常連組まで心温まる和やかな会はアッという間に幕を閉じるのでした。

この度の工房に新しい企画を考案して下さった塩路先生、いつも熱心にご協力くださるシャイニーさん、そして過去最高の人数に積極的にご参加くださった受講生の皆さんに心より感謝を申し上げます。

12月に行われる次回の神戸クリスマス工房で再会いたしましょう。

本当にありがとうございました。

 

株式会社キノシタ 代表 木下郁夫

続きを読む 1 コメント

たかが水?されど水!

たかが水?されど水!

 

北海道七飯町の林道で6日もの間7歳の男児 田野岡大和君が行方不明となった事件は皆さんも記憶に新しいことでしょう。

大和君は直線距離でも7キロ離れた自衛隊演習所内の小屋で水以外何も口にしないで生き延びたのです。

遭難時生き抜く上で重要な「3」の法則が有ります。

「酸素が無いと3分程度」

「適切な体温維持が出来ないと3時間程度」

「水を飲まないと3日程度」

が生存できるタイムリミット。

小屋のなかでマットに包まり体温維持が図れたこと、お水が近くにあったこと、

この奇跡を生んだ要因であることが解ります。

でも一番の大元は、大和君の生きようとする強い精神力にあったと想います。

6月3日自衛隊員に発見された時には思わずガッツポーズが出てしまいました。

 

毎日使う飲料水やお料理の水の重要性にもう一度着目します。

先ず常温で飲んでみます。

スーッと喉越しが柔らかい、そして後味に少し甘みを感じる。

お茶やお料理の旨さがグレードアップする。

私どもがお勧めするそのお水は「岩深水」いわしみずと読みます。

滋賀県音羽山系にある岩間山の東麓の長石鉱山から湧出する地下深層水です。

一般のミネラルウオーターのほとんどは、地下岩盤より上の地上近くから採取される伏流水(地下水)です。

岩深水はというと地下岩盤よりさらに深いところまで染み込んだ雨水が気の遠くなるような年月をかけて湧き上がる水なのです。

湧出現場には5〜6年前視察に参りましたが、鉱山の坑道はレール敷き。

まるでインディージョーンズの映画に彷彿させられるような世界。

真夏だというのにヒンヤリと肌寒い程です。

坑道奥500メートルの花崗岩層から出る水は小さな穴からではありますがビックリするほどの大量湧出です。

鉱山で水脈にぶつかるのは、採石する上ではやっかいなことなのですが、石以上に素晴らしい水と出会えたのは神の恵みと工場長がおっしゃられたのがとても印象的でした。

鉱山横には厳重に衛生と安全管理を施した工場があり湧き出た水をすぐさま特殊Wフィルターにかけ加熱処理すること無しで生のままの状態でボトリングします。

容器もその水とオゾンで殺菌します。

出荷分だけを商品化して全て工場から直送されるシステムは、湧き出た水をいち早くお客様にお届けすることで新鮮な状態が保たれるわけです。

岩深水の地下深層水は数10年から100年近い年数をかけて湧き出るため各地層内の天然のフィルターを通して浄化作用が進みます。

従って硬度の高いカルシウムやマグネシウムをあまり多く含まず水をまろやかにする超軟水(12mg/1000ml ph7.0)の誕生です。

超軟水だからこそ高級料亭やプレミアムホテルなどが数多く採用していることも頷けます。 私たちの体の半分以上は水です。(赤ちゃん75% 成人60% 老人50%)

お水が代わると身体が代わると云っても過言では無いでしょう。

特にこれからが猛暑が続きます。

しっかりとした水分補給といいお塩をいただいて、暑い暑いと言わずに暑さも楽しみたいものです。

お水選びのご参考になれば幸いです。

 

株式会社キノシタ 代表 木下郁夫

 

http://www.kyoto-kinoshita.jp/岩深水/

0 コメント

京都御盆工房

いよいよ真夏の京都「お盆工房」カウントダウン‼︎

 

ETON CROP KYOTO 塩路先生恒例のお盆工房開催まで、あと2ヶ月となりました。

正式なご案内の前にもかかわらず多数の予約が入り、

6月22日現在66名の参加の要請をいただいております。【過去最高】

 

今回も前回同様に全国各地から、塩路先生の受講生が遠征して来られるのですが、

特に関東圏からは10名の精鋭達が入洛されるのには驚きです。

しかも屈指のトップスタイリストばかり。

中部圏からも20名に及ぶ、このところ伸長著しい人間ばかりです。

 

迎え撃つ関西圏と、地元京都、滋賀のメンバーもウカウカとはしていられません。

京都で2回、名古屋と神戸で各1回、年間4回の塩路工房に

これ程までに人の集まる画期的な講習は他に例がありません。

その中で受講生が決定する2016年のお盆工房のファイナリストはどなたの手中に!

凄い楽しみであり、メチャ緊張感の中で繰り広げられるイヴェントはもう間近です。

 

ご参加のみなさん心身共々万全なる態勢で臨んで下さい。

その行動力と勇気に敬意を表し、心よりお待ち申し上げます。

 

株式会社キノシタ 代表 木下郁夫

 

http://www.kyoto-kinoshita.jp/京都アカデミー/

続きを読む 1 コメント

エレクトロンドライヤー

エレクトロンドライヤー
エレクトロンドライヤー
続きを読む 0 コメント

高濃度炭酸泉

PURE Soda Spa:高濃度炭酸泉製造装置
PURE Soda Spa:高濃度炭酸泉製造装置
続きを読む 0 コメント

ENVIERカラー

アンヴィエヘアカラー
ENVIER
続きを読む 0 コメント

復元ドライヤー

続きを読む 0 コメント

京都桜工房

2016年1月名古屋工房の熱が冷めやらぬ頃、

いよいよ恒例の京都桜工房が2月15日に幕開けとなりました。

申し込み段階では過去最高の53名を数えましたが、

直前になり諸般の事情のため5名の欠席者が出て48名となります。

それにしても塩路流工房にこれだけの精鋭が集まるというのは、

とても異例なことであるのは間違いないことです。

しかも、12月神戸、1月名古屋、2月京都と

3ヶ月連続して工房が開催されたのは、初めてのことです。

 

工房の内容は決して同じことをしないと公言する塩路講師の言う通り、

今回も以前と全く違う流れで進んでいきます。

通常工房は塩路講習受講歴がある方のみの受付を翻し、

初めての参加者でも参加出来ると謳ったのですが、

やはり一度も受講経験の無い方の参加はありませんでした。

この経緯に従い今後は、積極的な行動力のある受講経験者だけに絞り込むことになります。

 

さて、塩路哲学とも云うべきモチベーション向上を図る講義の後、

一斉にセミロングのワンレングスをカットする受講生達。

そこから今までと同じことをしない内容へと進んでいきます。

まず、ひとりの受講生のカットしたウイッグを自らハンドドライヤーを握り、

スタイリングに入る塩路講師。

単純にブラントカットしただけのウイッグを

短時間でみるみるうちにコンパクトな艶感のあるストレートに仕上げる

デモストレーションを見せます。

その結果を受講生に見せた後、

「皆さんこれ以上のスタイリングを自身のウイッグで仕上げて下さい。

ただし、セニングやチョップ、スライドetcのカットは一切出来ません。

今の状態のままでブロー、アイロン、ブラシ類、スタイリング剤の使用は自由です。」

と塩路講師からの指示。

しかし、これが意外と難しく、特に髪の長さで苦戦を強いられるのです。

 

今回は4名1チームとなり擬似サロンが出来ています。

4名で話し合って必ず4名それぞれ別のスタイルにすることが条件。

前半の講習時間をかなり割きスタイリングに励みます。

制限時間が過ぎ、殆どの受講生が仕上がったであろうその時に

塩路講師より思いもよらない爆弾が破裂します!

その内容については皆さんのご想像にお任せするとして。

仕上げに対する考え方を改めて実感することとなるのでありました。

 

後半では、擬似サロン店内競争、総合タイムアタック、

塩路流独自設計スタイル4バージョ ンによるコンテスト。

全員が審査員となる評価の結果、選ばれた12作品中でもトップの推薦を受けた

4名の受講者が表彰台に上がり喜びを嚙みしめます。

それに対し僅かな差でトップを逃した受講生の悔しそうな表情がとても印象的。

48名だからこそ出来る内容と改めて実感することになりました。

8時間にも及ぶ桜工房の幕引き、本当にお疲れ様でした。

 

講習終了後は、3時間にも及ぶ懇親会で美味しいスペイン料理やワインと共に、

8月22日の御盆工房での再会を誓い合いました。

受講生の皆さんが素晴らしく輝いて感動のるつぼとなりました。

心よりありがとうございます。

工房受講生の皆さんの益々の向上をお祈り申し上げます。

 

株式会社キノシタ 代表 木下郁夫

続きを読む 0 コメント

名古屋新春工房〜京都桜工房

2016年、神戸を皮きりに始まった塩路講師のカット講習会。

1月25日には名古屋で今年最初の『工房』が開催されました。

何と、その受講生が過去最高の51名に達しました。

 

しかも、その日の天気は大荒れ。

雪のため、京都から名古屋までの新幹線は、

通常の4倍近い2時間以上もかかるという大ハプニング。

関西勢も10数名はいましたが、講習開始から1時間以内には全員が無事に揃い、

大きなトラブルも無く工房が始まりました。

 

一人の講師が50名以上もの受講生をどの様に指導するのか?

不思議に思われる方もおられますが、そこは塩路流。

何と受講生5名でつくる擬似サロンが10店舗出来上がります。

スタイリストと一言で言っても、技術レベルは異なります。

擬似サロンメンバー同士で協力し合い、他店と競争。

受講生はサロンメンバー皆が凝視する中、一人ずつカットをしなければなりません。

緊張感で手が震えない訳がありません。

 

技術だけではありません。

アシスタントやジュニアスタイリストから聞かれると想像される、

技術に関する質問が塩路講師から出ます。

しかし、その応答に納得できない講師はNGの連発。

ベテランスタイリストであっても、

解り易く的確に応えることの難しさを知る事になります。

 

昼休みも惜しみ、8時間近くに及ぶ『工房』も最後の土壇場に仕上げに対する厳しい指摘。

これでは終了できない、と最後の最後に講師の集中力溢るデモ。

そして、塩路流の素晴らしさを最後まで感じることのできる、

充実した名古屋工房の幕は降りるのでありました。

 

恒例の懇親会では、2月15日の京都桜工房での再会を誓う受講生も沢山おられました。

京都桜工房も受講お申し込みが50名を上回りほぼ満席状態ですが、

若干名であれば余席があります。

みなさんも工房の空気を感じてみてはいかがでしょうか。

ありがとうございます!

 

株式会社キノシタ 代表 木下郁夫

続きを読む 0 コメント

名古屋新春工房

いよいよ、今年も塩路夜左可先生のカット講習『工房』が名古屋から始まります。

年間4回を重ねるこの工房は、毎回毎回約50名の参加がありますが、

何故この時期にこのような現象が起こるのでしょうか。

しかも、決して受講費がお安くあるわけではありません。

 

勿論、熱心な受講生が各地から集まられるのは云うまでもありませんが、

とにかく講習の内容が時流にドンピシャであること。

マスターすれば、美容室に来店されるお客様の問題解決が出来る。

パーマやカラーにひと工夫する技術革新の提案がある。

スタイリングは素早く無駄な時間を使わない。

等々既成の基本技術にとらわれない、画期的な考え方を取り入れた技術に驚かされます。

決定的なのは、実技時間より多く割かれる理論に耳が離せません。

それはもう、塩路イズム(哲学)と言ってもいいでしょう。

 

1月は名古屋で開催(満席)。

▶︎2016名古屋新春工房

 

2月は15日(月)に京都で開催致します(残り席僅か)。

今回は限定的に、塩路氏の講習を初めて受講される方の参加が認められています。

塩路氏は年間を通してのべ70日間(キノシタ会場)もの講習日程をこなします。

塩路イズムとエネルギー溢れる受講生達に出会える滅多にないチャンスです。

今月中にお早めのお申し込みをお待ちしています。

講習の詳細はこちらをご覧ください。

▶︎2016京都桜工房

 

株式会社キノシタ 代表 木下郁夫

続きを読む 0 コメント

新しいブログ

あけましておめでとうございます。

2016年は始まります。

 

キノシタの情報誌WoodBassClubも再出発!

それに伴いブログもスタートいたします。

今年の年始のご挨拶に『微生物』をテーマにいたしました。

 

世の中は経済優先の社会。

それらに対する自然破壊が我が国では原発事故。

お隣の中国ではPM2.5等々、世界中でさまざまな問題が引き起こされています。

それらを解決するにあたり微生物の活用が真剣に考えられるようになりました。

例えば、河川を護岸工事をします。

すると川の水が腐り易くなるのは、

コンクリートで固められた護岸はそれまで土の中にいる微生物の働きが、

遮断させられるために起こると言われています。

地球が誕生して初めての生き物である『微生物』。

34億年の歴史を持つそれは未だ解明されているものは僅かしかないと。

 

しかし、この研究が益々盛んに行われ、世の中に役立つことを願ってやみません。

キノシタの主力メーカーである、

札幌の大聖さん、別府のサラヴィオさん、名古屋の愛知電子工業さんが、

先端の研究開発を進めています。

その情報をしっかりと取り入れて学習し、実践活用をして参ります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

株式会社キノシタ 代表 木下郁夫

0 コメント

WOOD BASS

ダウンロード
2015.08.pdf
PDFファイル 4.7 MB
続きを読む

ハニエル ブティック 新製品発表会

ダウンロード
ハニエル.2015.7.27.pdf
PDFファイル 87.1 KB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2015.07.pdf
PDFファイル 3.7 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2015.06.pdf
PDFファイル 4.4 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2015.05.pdf
PDFファイル 4.4 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2015.04 WOOD BASS
2015.04.pdf
PDFファイル 8.3 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2015.03.pdf
PDFファイル 3.2 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2015.02.pdf
PDFファイル 1.3 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2015.01.pdf
PDFファイル 3.5 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2014.12.pdf
PDFファイル 5.7 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2014.11.pdf
PDFファイル 4.0 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2014.10.pdf
PDFファイル 18.1 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2014.09.pdf
PDFファイル 4.4 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2014.08.pdf
PDFファイル 4.3 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2014.07.pdf
PDFファイル 15.2 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2014.06.pdf
PDFファイル 15.3 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2014.05.pdf
PDFファイル 5.9 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2014.04.pdf
PDFファイル 16.8 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2014.03.pdf
PDFファイル 26.6 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2014.02.pdf
PDFファイル 5.8 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2014.01.pdf
PDFファイル 6.4 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2013.12.pdf
PDFファイル 36.1 MB
続きを読む

WOOD BASS

ダウンロード
2013.11.pdf
PDFファイル 12.2 MB
続きを読む

WOOD BASS

琵琶湖畔ヨーガ
琵琶湖畔ヨーガ
プレーネ スキャルプクリーン
プレーネ スキャルプクリーン

続きを読む

WOOD BASS

アンヴィエ ヘアカラー
ENVIER
続きを読む

WOOD BASS

Eyescan アイスキャン

続きを読む

WOOD BASS

www.hygeia-keiko-hauoli.jp/2013/07/16/キラキラ花凛潤講座-体験編/

続きを読む

WOOD BASS

M1ヘアケアローション モニタリング 30代男性美容師M・Iさん

続きを読む

WOOD BASS

ETON CROP 京都コンセプト工房 真夏のお盆工房

続きを読む

WOOD BASS

キラキラ花凛潤講座

続きを読む

WOOD BASS

ENVIER アンヴィエ ヘアカラー

続きを読む

WOOD BASS

サラヴィオ京都セミナー M1研究チーム 松島博士

続きを読む

WOOD BASS

キラキラ!

続きを読む

WOOD BASS

サラヴィオM1モニター実験経過報告!

続きを読む

WOOD BASS

ついに世界へ!サラヴィオ研究チームが日本企業初の快挙!

続きを読む

WOOD BASS

自分の軸をつくりましょう

続きを読む

WOOD BASS

サラヴィオM1モニター実験経過報告

続きを読む

WOOD BASS

メッセージ:美容が社会に貢献できること

続きを読む

WOOD BASS

*『M1』サラヴィオ化粧品探訪記*

続きを読む

WOOD BASS

*イリスエスリーク・サラで顔の歪みを改善しよう!*

続きを読む

WOOD BASS

*キラキラ東洋医学講座 プレゼンテーション&ランチ会*

続きを読む

WOOD BASS

*毛髪復元士が髪の悩みをサポート*

続きを読む

WOOD BASS

『サラヴィオ M1 取扱い決定!!』

続きを読む

WOOD BASS

『酢酸パワーセミナー vol.2 報告』

続きを読む

WOOD BASS

カットデザイン:それは果てしない人間追究です

続きを読む

2013 講習会のご案内

効果のほどを、どうぞお確かめにお越しくださいませ!

続きを読む

謹賀新年


続きを読む

wood bass

続きを読む

Wood Bass

続きを読む

自然美人

続きを読む

WOOD BASS

株式会社 キノシタ 代表 木下郁夫
株式会社 キノシタ 代表 木下郁夫
続きを読む

Think Simple

続きを読む

stay gold, stay alive.

続きを読む

感情報告

続きを読む

e-

ハニエル ディフェンダー
続きを読む

HANNIEL × ETON CROP

続きを読む

thesunandthemoon

続きを読む

〜たかが、されど〜

キューティクルクローズ
キューティクルクローズ
続きを読む

月のことば

続きを読む

News Monthly 2012.06

比良山系、八ツ淵の滝、大擂鉢
比良山系、八ツ淵の滝、大擂鉢
続きを読む